育毛タブレット 副作用

ミノタブとは?

血管拡張剤である「ミノキシジル」を配合した育毛タブレットは発毛効果が高く利用者が増えています。しかし多くの育毛剤と違い、経口薬として使用するために、副作用が心配されるタブレットなのです。

 

リアップやロゲインなどで発毛効果が話題となった血管拡張剤の「ミノキシジル」は、もともとは高血圧治療薬として開発された薬剤です。使用者の中から発毛効果を訴える声があり、育毛剤として配合することになったものです。最初はリアップ・ロゲインのように外用薬として育毛剤に配合されて大ヒットしましたが、さらに効果を上げるためにつくられたのが、タブレット経口薬である「ミノキシジル・タブレット」通称”ミノタブ”です。

 

育毛タブレットの副作用とは?

幾つかの育毛効果のある成分と合わせて配合されているリアップなどの育毛剤と違い、育毛タブレットは主成分ではミノキシジルのみの配合であり、成分量もリアップなどの5mgと比べて多い2.5mg、5mg、10mgとなります。人の皮膚にはバリア機能があり、外用薬の育毛剤では経口薬に比べると体内浸透の時間も緩やかで効果も低いとされます。育毛タブレットは直に体内に成分を吸収させますので、そのままの効果が得られるので、育毛効果も数倍高いのです。

 

しかし、ここで気をつけなければならないのが「副作用」です。直接体内に取り込むタブレットは薬効と共に副作用も強くなります。育毛タブレットで表示されている副作用には以下の様なものがあります。

・体毛が濃くなる
・頭痛
・めまい
・胸の痛み
・顔のむくみ
・倦怠感
・動機

 

これらはリアップなどの外用薬にも表示された副作用ですが、タブレットの場合はさらに強く現れることは間違いありません。自然の成分を使った育毛剤などは、ある程度適当な使い方でも問題ありませんが、育毛タブレットは第1類医薬品である上にダイレクトに体内に摂取するものですので、用量、用法をきちんと守らないと大変な健康被害をまねくこともあります。

 

また前述の通り、高血圧治療薬として開発された薬剤ですので、禁忌もあります。

・低血圧
・降圧剤を服用している
・肝臓・腎臓・心臓疾患がある
・甲状腺機能疾患がある
・65歳以上

 

このような持病を持っている人は育毛タブレットを使用できません。血管を拡張させて血圧を降下させる強い効きがありますので、場合によっては意識が朦朧としたり、卒倒してしまうこともありえるのです。海外では育毛タブレットを誤って飲んでしまった飼い犬の心臓が破裂した・・という事故も起きています。

 

海外通販は危険極まりない理由

ここでもう一つ気をつけなければいけないのが、海外品の育毛タブレットをインターネット通販で購入されている人です。海外でミノキシジル経口薬は「発毛剤」としては認可されておらず、高血圧治療の医薬品を流用することになります。日本で販売されている「発毛剤」として使用するために開発したものとは用量が倍ほども違い、また欧米の人と日本人とでは体格差もかなりあります。とうてい「日本人のために」配合されたとは考えられませんので、たとえ説明書通りに服用したとしても安全性に疑いは残ります。

 

劇的な発毛効果で人気の育毛タブレットですが、健康を害してしまっては本末転倒になります。自身の体質をよく見極めた上で使用することをおすすめします。そして海外品を利用する場合、日本の法律では「営利目的でない私的な使用」としては認可されていますが、強い副作用が現れた場合の保証に関しては期待できず、完全な自己責任となることも了承しなければいけません。